2015年4~5月

 三年生になり今年は何をするのだろうとどきどきワクワクしていた私たちに最初の授業で先生は「野菜の通販サイトを作るで!!」と一言発しました。私たちは最初先生が言ったことが理解できませんでした(笑)。大学のゼミで通販サイトを作るとは思わなかったからです。
 先生は具体的に話を進め、柿木村の野菜を全国販売できるような通販サイトを作ること、そのサイトでは生産者の顔がわかるようにする事を私たちに説明しました。この4月の段階ではまだ、井川さんをはじめ柿木村の方々には具体的な話をしておらず、自分たちでどういう方向性で進めていくのか、このプロジェクトの将来性などを考えていました。
 井川さんたちに具体的な話をしたのは、5月に柿木村を訪れたときです。この時に、光琳館の立川さんにもお越しいただいて一緒に柿木村プロジェクトについて、プレゼンテーションさせていただきました。その際に自分たちがモデルにしたWACCAファームについて説明しました。この時柿木村の方々の反応はあまりよくはありませんでした(笑)いきなり通販サイトで野菜売りましょうという話に戸惑っていたのではないかと思います。このプロジェクトの説明会が終わり、私たちはダメだったのかと不安に思っていました。というのもわたしたちができるのは販売のサポートであって、商品を作ってくださるのは地元の農家さんだからです。ここで良い反応が得られていなければこのプロジェクトは白紙になってしまいます。そんなとき井川さんからまず、柿木村を紹介するサイトを作ってはどうかという提案をいただきました。その紹介サイトというのが今皆さんに見ていただいているこのサイトです。まず、柿木村の人、自然などを、ホームページを作る私たち自身が知ったうえで作った方が良いページになるのではないかという考えでおっしゃられました。この説明会で私たちの今年やるべき課題が決定しました。
 それから私たちは通販サイト開設に向けてこのホームページ作りに力を入れていきました。各班、井川さんに協力していただいたり、自分たちでアポイントメントを取ったりし、実際に現地に何度か足を運び取材を行いました。大学生とは思えないばかげた質問から、すごく真面目な質問まで様々でしたが、みなさんきちんと答えてくださり、とても助かりました
正直柿木村は遠く朝早く出たりしないと行けず、眠くてつらい取材の日もありました先生は、「お前ら時間あるやろ~」と簡単に仰ってホイホイ取材に行かせました。しかし、我々大学生がきちんと真面目に授業に行くはずがありません。普段何もないときに授業を休んでいるせいで取材で授業を休むことが難しく日程調整に苦しみました。この時期は私たちの中で一番忙しかったかもしれません。