椛谷渓谷は、六日市町の深谷峡、日原町の大漁渓、匹見峡などに並ぶ景勝地の1つで、福川上流の黒渕から椛谷まで、県道3号線沿いに長く続く渓谷です。渓谷周辺の山では紅葉の美しい景色や夏の新緑、雪深い景色などを楽しむことができるほか、深淵が連続する深い谷底の景観は圧巻です。また、山のふもとに広がる黄金色の稲穂とのコントラストも素晴らしく、ドライブしながら山の景色を楽しむこともできます。


・年の色づき始め…10月上旬

・年の見頃…10月上旬~11月下旬

・紅葉する木の種類…カエデ、ウルシ

 

・住所…島根県鹿足郡吉賀町柿木村椛谷

 

・アクセス…中国自動車道鹿足ICから国道315.3号線経由で約20

                  中国自動車道六日市ICから国道187.県道3号線経由で約40

                  JR日原駅から車で約40

 

椛谷渓谷

 

<参考文献>

  http://koyo.walkerplus.com/detail/ar0832e13219/

  http://www.alliwami.com/modules/guide/ index.phpaction=SpotView&spot_id=145#.Va5ON_ntmko

 
 
 


山陰屈指の紅葉といわれるほど見事な色づきをみせる鰐淵寺のもみじ。

切れが非常に深く、葉が小さい「いろはもみじ」という種類で、赤橙黄色に染まる葉が幾重にも重なり、山全体を彩るその美しさは他の追随を許しません。

仁王門から本坊までの参道には紅葉の並木が続き、本堂への階段には深紅に染まるトンネルができます。

見頃は11月中旬頃からで、この時期静寂の境内には賑わいが戻ります。

かつてここに繁栄の時代があったことを思い出させるための、もみじたちの美しい儀式であるかのようです。