柿の木温泉 はとの湯荘

 柿の木温泉は古くから湯治場として愛され、薬効の湯としてしられています。はとの湯荘は村営の温泉です。弘法大師を祀る寺の住職が掘りあてたことから「弘法の湯」と呼ばれます。湯船の湯も毎日抜いて入れ替えているので清潔で安心です。泉質分類は塩化物泉に分類されます。塩化物泉の特徴としては、入浴することにより皮膚に塩分が付着し、汗の蒸発を防ぐため、保温効果がよく、湯冷めしにくい事から「熱の湯」といわれます

さらなる特徴として、濃い橙色に濁ったお湯が張られています。鉄分が多く含まれているため浴槽を縁取る岩はオレンジ色に着色しています。お食事処や休憩所もあり、本当にくつろげる場所です



 

 

 かきのき温泉はとの湯荘
        営業期間           営業:8:30~22:00 はとの湯荘 入浴時間は10:00~21:00

                                    休業:はとの湯荘 第3水曜日

             所在地            〒699-5301  島根県鹿足郡吉賀町柿木村柿木81番地                                                            0856-79-2150

        交通アクセス         
(1)日原駅から車で 
                                  (2)六日市ICから車で(六日市ICから187号線を益田方面へ)

 

感想

 実際に温泉に入ってみて、驚いたことはやはり赤褐色のお湯が張ってあったことです。浴槽はとても広いわけではなく、10人程度が入れる広さです。お湯加減は熱くもなく、丁度良い感じでした。温泉には地域の方々も良く利用されていて、温泉の中で柿の木村のお話や世間話をしてくださり、柿の木村の人の良さが出ていてよかったです。温泉の湯をタオルなどで拭くとそのまま色が染みついてしまうので、気になる方はシャワーで落として出る必要があります。
 
木部谷温泉 ~松の湯~

 地中の炭酸ガスにより20分から30分間隔で、約2mの高さまで吹き上がる間欠泉は、自然が魅せる数分間のショーを見ているようです!!

温泉施設から間欠泉までの道も、わきの水路には成分がついており、温泉の効能の高さを物語っています。

 お風呂も珍しいつくりになっており、両サイドにあるバルブでぬるめの源泉を流し入れたり、蒸気を出して湯の温度を上げたりするなど、自分好みの湯量と温度調節ができます。

宿泊も可能で、故郷に帰ったような素朴で心もあたたまる食事がいただけます。


 


間欠泉


                     営業期間         営業7:30~19:30

                            所在地                〒699-5307
                                         島根県鹿足郡吉賀町柿木村木部谷529

                    交通アクセス     
中国自動車道・六日市ICから約15分
                                          バス停「木部谷」下車。徒歩約1分

 

感想

 炭酸、鉄、カルシウム、重曹、食塩、ラドンを含む高濃度の成分を含有する温泉ということ。旅館のパンフのいう「古くから弘法の湯として知られ多くの効きめがあるといわれています」もうなずける。飲むと鉄分の金気味が強く、次に炭酸の渋味がじわっと伝わってくる。飲泉は保健所の正式許可を取っていないので看板にしてはいないが十分飲めるとのことで、ペットボトルに汲んで持ち帰る人もいるとか・・・・。( http://www.kameson.net/trip/kibe/index.htmより